I am happy to learn that Beltek Inc. is organizing the premier of the film Mother Teresa. I learn that the film would be promoting the theme of 'Unconditional Love for World Peace'.
The mention of Mother Teresa's name always brings to mind the picture of a frail woman in a white saree offering love, compassion for humanity knew no geographical boundaries. Starting with no resources, Mother Teresa had created an international network of institutions to serve the destitute, the handicapped, the orphaned and the dying.
She was like a mother-figure for all Indians. Our country recognized her dedicated service by conferring on her the highest Indian civilian award the 'Bharat Ratna'. The world's recognition came by way of the Nobel Prize for peace. The best tribute we can pay to her, however, is to dedicate ourselves to the service of those in need of love and compassion.
I am confident that the film would help in promoting Mother Teresa's message of peace and understanding around the world.

H.E.M.L.Tripathi
Ambassador of India to Japan

 このたび私は、ベルテック株式会社が「無償の愛で世界平和を」というテーマを推奨する映画「マザー・テレサ」のロイヤルプレミア特別試写会を主催されることを知り、大変うれしく思います。
 マザー・テレサの名前を聞いて心に浮かぶのは、白いサリーをまとったか弱い女性が、病気の人、老いた人、最も貧しい人に愛と思いやりと希望を与える姿です。彼女は人種、国境を越えて人々に愛と思いやりを与え続けました。そしてマザー・テレサは、無一文からスタートし、極貧者、身体障害者、孤児や死に行く人々のための施設のネットワークを世界中に作り上げて行きました。
 インド国民にとってマザー・テレサは、母の様な存在です。その献身を尊び、インドの最高級市民に授与される「バラット ラトナ」賞を贈られました。ノーベル平和賞も授与されております。しかしながら、我々のできるマザーへの最高の報恩は、私達自身がマザーの志を引き継いで、人々に愛と思いやりを与えてゆくことではないでしょうか。
 私はこの映画「マザー・テレサ」が、世界中の人々に平和と相互理解のメッセージを波及させてゆくものだと信じております。