ミロス・フォアマン監督 ゴヤズゴースツ
ナタリー・ポートマン ゴヤ
激動の時代、人はどう生きればよいのか。
ミロス・フォアマンが、現代でどれほど貴重な監督かあらためて思い知らされた。
信念を貫き通すのか。それとも時の流れに乗ってしまうのか。
彼は美しい映像の中に人間という生き物の矛盾を露骨にあぶりだす。
行きつく先は神のみが知っている。人生は哀しいものだ。
この作品は、どんな状況下においても、人は生きるという重荷を背負うことを
教えてくれる。名優ハビエル・バルデムがとにかく素晴らしい。
ゴヤの目を通すと、娼婦は天使になり、
ヒロイン、イネスの壊された心には、誰にも壊せない信念がある。
魔女はジャスミンの香りがただよう美しい少女になる。
それは、人を愛するという信念だ。
真実の目を持ったゴヤだけが刻み付けていた、
他者から愚かに見える愛でも、イネスにとってはこの世で唯一つ信じるもので、
激しい時代を生きた人々の姿に、強く心を揺さぶられました。
この愛があったからこそ彼女は過酷すぎる年月を生きてこられてのだろう。
ラストシーン、わたしには傷だらけのイネスが輝く天使に見えた。
「真実」という有無を言わせない武器を振りかざして正義を訴える人間の心根は、
スペインの動乱と異端審問。その翳での愛と背徳。
いつの時代にもあるのだろう。現代は言うに及ばず。
イネスもロレンソも、スペインの巨匠ゴヤのイメージで彩り尽くした
その中にあって、ただ、光と影を、
この破滅のドラマは我々、混沌たる現代を再考させるだろう。
その身体にかざしてみれば必ず観えてくるものがある。
ナタリー・ポートマン演ずる多いなる母性に胸が透く想いだった。
まるで絵画をみているかの様な映像!
時代の歴史の何んと残酷な繰り返しその中に、一途な愛のまばゆさだけが光を放つ!!
それにしても、ナタリー・ポートマンの二役の演技は圧巻のひと言に尽きる!
※順不同

1792年、その才能が高く評価され、スペインを統治していた国王や王妃の宮廷画家としての地位を持ったゴヤの46歳からの約20年間にあったエポックを集約しています。
異教徒審判、ナポレオン率いるフランス軍の進撃、スペインの独立戦争、歴史の中で激変する動乱の時代に生きた狡猾な宗教政治家・ロレンゾと桁外れな美しさと神秘性故に身のすくむような数奇な運命をたどる母子、イネスとアリシアがゴヤと関わりつ織りなす、愛と感動の一大スペクタクルドラマ。

■製  作  :Goya's ghosts Production
■プロデューサー  :ソール・ゼインツ
■監  督  :ミロス・フォアマン
■ライセンサー  :Hanway Films
■国内ディストリビューター  :ベルテック(株)坪井一高
■国内プロデューサー  :レイエス由利子
主  演  :ハビエル・バルデム
:ナタリー・ポートマン
出  演  :ステレン・スカースガード
プロデューサー:ソール・ゼインツ
アマデウス カッコーの巣の上で
ハリウッドを代表するプロデューサー。監督:ミロス・フォアマンとも息がピッタリ、映画史上の金字塔を立てた「アマデウス」 もこの二人がいたからこそ実現できた。
監督ミロス・フォアマン
彼の作品、「カッコーの巣の上で」、「ラ グタイム」、「アマデウス」、「恋の掟」、「マン・オン・ザ・ムーン」と、いずれの作品も 名画と言われるものばかり。GOYA'S  GHOSTSは、そんな彼の映画人生の集 大成と言われている。
1969年3月1日スペイン領カナリー諸島生まれ、39歳独身。映画一家に生まれ6歳から俳優として活躍。10歳代ではTVタレントとしても活躍また、ラクビーのスペイン国立チームの選手としても活躍した。本年度「ノーカントリー」でゴールデングローブ賞助演男優賞、アカデミー賞でも作品賞および助演男優賞を受賞。
1981年6月9日、イスラエル・エルサレム生まれ。ニューヨーク育ち。94年11才の時に「レオン」にて鮮烈なデビュー。03年ハーバード大学を平均90点以上のオールAで卒業。「スターウォーズ」シリーズではパドメを演じる。04年「クローサー」でゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞。
スターウォーズ
●2005年9月 スペインにてクランクイン
●2005年12月 クランクアップ
●2006年11月 スペイン国内上映開始(スペイン国王ご夫妻ご臨席)
●2007年7月 全米公開
●2008年1月 ハビエル・バルデム 「ゴールデングローブ:助演男優賞」受賞
●2008年2月 ハビエル・バルデム「アカデミー賞:助演男優賞」受賞
●2008年7月 ぴあフィルムフェスティバル
ミロス・フォアマン監督 未公開版 4作品上映(渋谷東急)
及び 「宮廷画家ゴヤは見た」プロモーション。
●2008年9月27日 ロイヤル・プレミア試写会 於:東京藝術大学「奏楽堂」
●2008年10月4日 全国ロードショー開始

ベルテック株式会社は1966年創業以来アジア/ヨーロッパを始めとした海外に豊富な実績を誇る高次元カーオーディオメーカーでした。そして2005年より、人々に知識と喜びを与える文化事業として充実したエンタテインメント事業を立ちあげ、エモーショナルクオリティーを高めるべくハリウッド映画制作・配給等、世界レベルの質の高いエンタテインメントを提供しております。記憶に新しい,オリビア・ハッセー主演映画「マザー・テレサ」は皇后陛下の臨席を賜り、大きな反響を呼びました。そして今回、ハリウッドの映画界と密接な関係にある当社はアカデミー賞受賞監督のミロス・フォアマンとの信頼関係でGOYA'S GHOSTSの国内ディストリビューションの権利を取得しました。
【弊社概要】

国内総合プロデューサー:レイエス由利子 (ベルテック株式会社) 【略歴